スーパーカブに東京堂アルミステップを装着交換する件

シェアする

オハヨウゴザイマスたま男です
今朝もスーパーカブで遊んでみましょう
今回は「東京堂アルミステップ」の交換装着方法の件です
カブのステップ(足置き)は黒いゴム製ですが
それをスポーティな見た目のアルミ製に自分で交換してみよう!という件です

昔のキャブレター12Vカブを前提にしてますが
殆どのカブは似た様に作業できる簡単カスタムです
YouTueb動画もあるのでお急ぎの方は目次からどうぞ!

カブのステップとは

スーパーカブはもちろんバイクなので
殆どの機能や仕組みは他のバイクと同じでありまた基本とも言えますが
それが明確であり少し違うトコなのはこのステップになります

カブのステップは丸い棒にゴムステップが被さっているという状態であり
一般的なバイクの様に下側の金属の土台の上にゴムの足置きが付いている・・というステップとは違います

普通のステップの様に「可倒式」で下からの力で折り畳む機構は無く
完全に「固定式」になってるので他からの力には丈夫なんですが
そのせいで何かに引っかけたり足のスネををぶつけて痛い思いをしたりとあまり安全上よくない方式です

またその様に固定式であるが故
ステップの特に先端が切れやすい傾向にあります
先端が切れてて折れるとこんな状態


中の棒が見えてる状態になります

そのままでも走行には影響はないのですが
あまり見た目はよくないし
やはり足のスネをブツケれば当然痛いトコです

そんなワケでこのラバーステップの交換したいとこなんですが
つまり「ゴム製からゴム製の普通の交換」の件は
前回の既にやってあるのでそちらの記事を参照してください

スーパーカブの「ラバーステップ」(足置き)の簡単な交換装着方法の件です カブのステップは全体がゴム製で長く使用していると切れて折れてきます それを交換するのは意外と力が入り難しいので簡単な方法で自分で交換してみよう!という件になります

アルミステップを購入してみた

さてここからが今回の本題です
カブのゴム製のラバーステップはよく切れる
切れたらなるべく交換した方が良いし
スポーティな「見た目カスタム」をしてみたい!なんて場合でも

せっかくなのでアルミ製にして格好良くしてみよう!

というのが今回の目的です

カブのステップのアルミ製の商品は各種ありますが
今回はネットで一番よく見かけるこの製品にしてみました!

東京堂の「アルミミドルバー」という名前で
値段は1990円とバイクのアルミステップとしては安いのですが
カブのパーツとしては意外と高い印象です

注意点は前回のステップ交換の件でも触れましたが
カブは年式やシリーズによってパーツ結構違う事があります
今回のステップはいわゆる「12Vキャブレターカブ」の50・70・90ccとリトルカブ用となっていて

AA04つまりインジェクションになったフルモデルチェンジ以降のカブには対応していません
クロスカブや現在の110や125も不可です
それらのステップも今は東京堂から出ていますす他のメーカーから高いですが売ってるので対応機種をよく調べてから購入が良いですね

購入したアルミステップを観察してみると
実にシンプルにできていて固定の仕方は
この穴にステップの棒を挿して・・


裏のプラスねじを締めこんで固定するだけ!
つまり今回のメンテナンスやカスタムというほどでもない作業に必要な工具はプラスドライバーのみです!

ちなみに外側先端には・・・


スマイルマーク!があってちょっと愛嬌

交換してみよう!

ここからが作業編です
今回の交換作業はすごく簡単です
装着だけなら5分もかかりません
なのですがそれは元のゴムステップが簡単に外れれば・・の話です

ラバーステップは特にグリップボンドなどを使用してないのにカナリのキツさで固定されていて
逆に新しいステップを入れる時も苦労するのですが
それは前回の交換記事で簡単な方法をやりましたが

交換するにはもちろん元のステップを取り除かなければならない
なので無闇にグイグイ引っ張る人もいますが
ソレは無駄というか効率的ではありません

そもそも再利用はしないので破壊するのが手っ取り早い
つまり切っちゃえばOK

私はこの万能バサミというのか剪定バサミみたいのを使用してますが
普通のカッターでも十分作業できます
何度もなぞるように切れ目を入れていけば簡単に切れます

そうやって元のゴムステップを外すと


こんなただの棒が出てきます
車体によっては錆びてたり汚れてたりするでしょうからその場合はスポンジヤスリなどで綺麗にしておきましょう

そしたらどうやって装着するのか?固定方法はどの様に?
・・なんて思い悩むヒマもないくらい作業は簡単

棒にぶっ挿してネジを締めるだけ!こんだけ


あっという間にカブにアルミステップ装着完了です!

上下左右があるというワケでもないですが見た目の問題で
スマイルマークはちゃんと水平にしたいとこですね

少し俯瞰で見てみると・・

うんシルバーを選んだので中々存在感が無くなり一体化してる印象
このカブはそれほどイジってる感を出してないのですが
カスタムをしたカブなら赤とかの色のステップならよりスポーティになるでしょうね

しばらく使用してみた感想

1年ほど実際このアルミステップを使用した感想は
(つまり1年以上前に交換してこの記事をやってます)

なにより「気分的」にバイクで走ってる感の自己演出とでも言いましょうか
ちょっとカスタムしてる気分が味わえるというカンジでしょうか

いわゆる峠道で全開走行で攻めてても
カブでそれをやるか?という前提は置いといて
ステップの移動がキュキュと決まり動作の面では動き易いですね

「見た目」に関しては
交換した自分本人なのでアルミに交換してるのが判るという事でそれほど主張は大きくありませんが
エンジン等でメッキパーツを使用したカスタムパーツを多く使えばなかなか良い感じになると思います
ステップだけで印象を上げたいなら他の赤や青の他のカラーが効果的ですね

「耐久性」に関しては
始めの早い時期にステップに印字してあった文字は消えました
それ以外は特にメッキなのかアルミ地なのか
ピカピカの光沢感は当然少し落ちますが
まだまだ「アルミステップだ!」という印象はそのままです

ただ私の購入したのはシルバーなので気になりませんが
他の赤や青にアルマイト処理してある製品だと
それなりにクスミや色落ちがあるかもしれません

感想としてはそんなカンジですが
いずれにしても東京堂のアルミステップは

値段はそれなりにしますが
作業は簡単に交換できますし
ちょっとしたカスタム感はある

といったお手軽感で良い商品だと思います
スーパーカブの印象を変える・・いや正確には自分(ライダー)の気分を変えるといったとこで
走行性能には全く関係無いですが交換作業とそれに伴い印象の変化の「面白さ」それの為に遊んでみても良いかもしれないですね

注意点も少し

見た目チューンには最適なアルミステップ
良いとこばかりではなくそれなりに注意点もあります
まずその「細さ」です

ご覧の様に元のラバーステップよりは細くなりますし
何よりアルミそのものなので「硬さ」があります

スポーツ走行ならまだしも殆どは街乗りちょい乗りが普通のカブですから
シューズも普通の靴なケースが多い時にこのアルミステップは硬すぎます

痛くなるというほどではありませんが感触が硬いというカンジ

またカブのステップはエンジンにボルト4本で繋がってて
エンジンの振動はそのままステップに伝わります
ゴムステップならそこで吸収されますがアルミだと直に振動します

ボアアップやエンジン載せ替えで110ccにしてエンジンの振動が大きいカブの場合は注意です

次に「滑る」という問題もあります
表面には一応滑り止めのギザギザ加工がありますが
雨の日にはゴム製よりかは滑ります

最後にやはりこれが大きな問題ですが
ブツけると「痛い」という点

カブのステップは前述の様に固定式なので動きません
しかしカブのステップは良く言えば足を置く真下にちょうどあるので
停車時に地面に足を置く時はステップに触れるか触れないかくらいの状態になります

しかもそのままバタバタ足でとカブを動かそうとする時
必ずと言っていいほど足のスネをブツける事になるでしょう

また普通に押して移動する時でも
足のスネのちょうどいい位置にステップがあるので
これも結構な頻度で痛い思いをする事必須です

これらの注意点は意識してれば回避できそうですが
意識してない時だからブツけるワケなので注意です

ステップ交換のYouTube動画

この記事の内容を動画にしてYouTubeにアップしてあります
視覚的に製品や作業の様子が解り易いと思われます

他にもスーパーカブの動画をたくさんアップしてるので
このブログにまだ記事が無い内容の動画もありますのでよろしければ!

ネットで購入まとめ

東京堂目白店の販売するカブのカスタムパーツは
殆どは店頭で購入できますがネットでも買えます
送料はかかりますが遠方のライダーには良いですね

色は赤や青など種類があるので好みで合わせてみたいとこ
東京堂 スーパーカブ50/70/90/カスタム/リトルカブ/プレスカブ用 アルミ ミドルバー シルバー

今回の記事はキャブ車のカブでしたが今の110などのカブ用のもあります
東京堂 アルミステップ タイプB シルバー スーパーカブ110(JA07.JA10、JA44) カブ50(AA04) 用 AS-TBーS C110

この様ないわゆる「万能バサミ」が1つあると何かと便利です
薄い金属板や真鍮線なども切れますし今回の様にゴムにもいけます
SK11 ストロング万能ハサミ SST-250

ad336
ad336

シェアする

フォローする